彩遊戯 7月のごあいさつ


この橋を渡って少し行ったところに、

清少納言の生家があったのでは?と

言われている場所があります。


この橋をくぐって少し行ったところには

清少納言が仕えた中宮定子が眠っています。


そして、清少納言が晩年を過ごしたのも

この辺りだそうです。


定子は乳母すら離れていくほど

没落しました。


それでもなお、

清少納言は最後まで傍にいた。


大好きだったんだなぁと。


次の落チ語リは、

そのへんの思いを物語にします。


今がんばって書いてます。

彩遊戯の落チ語リ 次の待チ合ワセ

「をかしの枕が歌うのは」

2018年10月14日(日)

18:00開場/18:30開演

阿佐ヶ谷の「Barざらめ」にて。


2019年は新作公演をやらないので、

これが2010年代最後の新作待チ合ワセです。

(詳しくはこちらをご覧ください)


詳しいことが決まり次第

このページでお伝えしてまいります。

ぜひ予定を空けておいてください。


【お知らせ】彩遊戯のロゴ、変わりました。

ロゴを変えるきっかけになった出会いや、このロゴになるまでの経緯などをブログに書きました。

https://ameblo.jp/irodoriyuugi/entry-12298960846.html


さらに、ロゴを作ってくださったデザイナーさんが

ロゴ完成までの道のりをブログに書いておられます。

https://zaguri.tokyo/2017/08/25/logodesign/


ひとつのロゴをめぐる2つの視点が楽しめます。

ぜひご覧ください。


Twitter

Instagram